HT011

Filipendula ulmariaメドウスィート・ハーブティー

メドウスィートのハーブティーです。

548円(本体507円、税41円)

購入数:

Detailsメドウスィート・ハーブティーについて

名前メドウスィート・ハーブティー
学名Filipendula ulmaria
仏名Reine-des-prés
科名バラ科
原産地フランス・コート=ドール県 Baulme-la-roche村
抽出部位花房付き先端
容量10g
メドウスィート・ハーブティーのフランスでの使用方法

フランスでは植物のアスピリンと呼ばれている。冬のハーブで風邪対策にうってつけ。利尿作用と抗むくみ作用がありダイエットにお勧め。
妊婦さんや薬の服用している方には厳禁。

About Herb Teaハーブティーについて

アロマ・フランスのハーブティーは生産者自身の畑で無農薬栽培されたものと野生に生育しているハーブを収穫し乾燥させたものです。
ハーブはすべてエコサート認証が可能なオーガニック農法によって栽培されております。 植物の品質の為にも栽培・乾燥・製品化まですべて手作業で行われております。
野生のハーブを収穫するときには、他の動植物に配慮した1区画内での収穫量を守って自然の恵みをいただいています。
野生の植物は人間のものだけではなく、多くの動植物のものです。 植物の開花はミツバチによって多くの恵みを膨らませてくれます。 生産者はミツバチの仕事が終わってから野生のハーブを収穫します。1区画の収穫量も決められており、翌年以降もすべての動植物に恵が分け与えられるようにしています。
ハーブの乾燥方法にもこだわっており、決して急速乾燥をさせず、じっくりと植物の香りと色を味わえるように乾燥しています。
ハーブの用途として、ハーブティー以外にも、料理やチンキ剤としてもご利用いただけます。

生産者について
アロマ・フランスのハーブティーはSimple組合の会員及び互助会員に生産していただいております。
1982年、フランス・セヴェンヌ地方で設立されたSimples組合は山岳地帯や保護地帯に住んでいる約100人の薬草・芳香植物・食用植物や染植物の栽培者や収穫者のグループです。
SIMPLES組合の仕様書(1988年からフランスの農務省によって認可された)は環境保護や資源保存、植物生産の品質と消費者の健康に関するとても厳しい仕様書です。 栽培方法、乾燥方法や収穫方法もとても厳しく規定しています。
この組合の会員は独学で植物学やフィトテラピーを勉強している人たちばかりで、消費者により正確なアドバイスをできるように常に知識を高めています。
この組合は医療者や薬剤師以外の植物の専門家の育成を応援しています。

▲ この商品を購入する

おすすめ商品